「アジアの子どもたちに学校をつくる議員の会」で11校目の贈呈

     

 

遠藤利明が代表を務める「アジアの子どもたちに学校をつくる議員の会」により、11校目の「ともだち小学校」がミャンマーに完成。現地にて行われた贈呈式に、安倍晋三会長らとともに出席しました。

式典には多くの関係者や小学校を利用している子どもたちが参加し、また近隣のたくさんの住民からの温かい歓迎を受けました。また渡航中、ティン・セイン大統領をはじめ政府要人と面会し、民主化を進める政府の方針に対する表敬ならびにその支援について意見交換をしました。

ミャンマーにおいては、貧困などにより教育に恵まれない子どもが多い地域がまだたくさんあります。
学校建設活動を通じ、ひとりでも多くの子どもたちが学べるよう、またこの学校で過ごした子どもたちが日本という国を理解し、親しみと信頼を持ってくれる事を願い、両国の友好関係が一層深まることを期して今後も活動を続けてまいります。

パーマリンクをブックマーク