群馬大学重粒子線医学研究センターを視察

     

 

群馬大学内にある、主にがんの治療が目的の、重粒子線を使った治療施設を視察しました。

重粒子線がん治療とは、がん病巣だけをピンポイントで狙い打ちしながら正常な細胞へのダメージは最小限に抑えることができる最先端の治療法です。外来での治療が可能であり、治療時間が短く身体への負担が少ないことに加え、従来の放射線治療に比べ格段に副作用が軽いなど多くのメリットがあります。

現在は群馬大学の他には放射線医学総合研究所(千葉県)、兵庫県立粒子線医療センターの3カ所にしか設置されておらず、国民の3人に1人ががんで亡くなっているといわれる近年、全国でその設置が求められております。

皆様のガンへの不安を少しでも解消するべく、この治療施設を山形県内にも新たに設置するため、遠藤利明は今後も積極的に活動してまいります。

パーマリンクをブックマーク