TPP交渉参加阻止に向けての情報交換会

 

山形県農業協同組合中央会主催のTPP交渉参加阻止に向けての情報交換会に出席。
われわれ自由民主党は、TPP交渉参加の是非について以下のような判断基準を設けています。
TPP交渉に関する情報が政府から十分に示されていない今の状況は、交渉参加の是非を論ずる以前の問題です。十分に情報が開示され、下記の項目が満たされる状況になってはじめてその是非を論ずることができると考えております。
「山形、ニッポン、これから」を守るため、今後も皆様とともに頑張ってまいります。

自由民主党 TPPについての考え方
① 政府が「聖域なき関税撤廃」を前提にする限り交渉参加に反対する。
② 自由貿易の理念に反する自動車等の工業製品の数値目標は受け入れない。
③ 国民皆保険制度を守る。
④ 食の安全安心の基準を守る。
⑤ 国の主権を損なうようなISD条項は合意しない。
⑥ 政府調達・金融サービス等は、わが国の特性を踏まえる。

パーマリンクをブックマーク