懇親マラソン

     

 

遠藤利明が代表をつとめる超党派の国会議員の会「市民マラソンを支援する会」にて、女子マラソン五輪メダリストの 有森裕子 氏やNPO法人ニッポンランナーズ 理事長 金哲彦 氏を交え、実際に皇居のまわりを走る懇親マラソンを行いました。

現在、日本国内では2000近くのマラソン大会が行われており、今後もその数が増えることが予想されます。またその推進により、地域のスポーツ振興や地域間交流、観光産業の促進など健康促進にとどまらない多くの効果が期待されます。

課題としては、各地で大会を主催する団体のネットワークづくりや道路許可申請手続きの円滑化などがあげられますが、マラソンムーブメントをさらに促進し、スポーツ立国ニッポンの実現に寄与するため、これからも先頭に立って尽力してまいります。

パーマリンクをブックマーク