スポーツ振興くじ(toto)制度改正プロジェクトチーム

超党派によるスポーツ議員連盟の、スポーツ振興くじ(toto)の制度改正に向けた検討プロジェクトチーム(PT)の初会合を開催。座長として遠藤利明が、本PT開催の経緯などを説明しました。

目的は国立競技場の改修。その財源拡充のため、現在サッカーのJリーグに限られているtotoの対象競技を拡大することや最高当せん金の引き上げなどを行うことです。

2019年に開催されるラグビー・ワールドカップや2020年に招致を目指している五輪のメイン会場となる国立競技場。現在は老朽化が進んでおり、また今の規模では国際大会を開催するためには十分ではありません。

スポーツの国際大会を国内で開催することは、世界のトッププレーヤーの競技を目の当たりにすることで多くの国民に感動を与えるなど大きな意義があります。スポーツの振興や国際親善へ寄与するため、これからも先頭に立って全力疾走で頑張ります。

パーマリンクをブックマーク