サッカーくじ改正法・JSC改正法成立

スポーツ振興くじ(サッカーくじ、toto)の対象に国際大会や海外リーグの試合を加えるためのスポーツ振興投票実施法改正案が参院本会議で可決、成立。遠藤利明はスポーツ議員連盟の幹事長代理として、当法案の提出者を代表して文部科学委員会などで趣旨を説明するなど中心的な役割を担ってまいりました。

現在、2020年夏季オリンピック・パラリンピックの招致に向け各方面で活発に活動が行われております。その招致実現のための要件の一つとして、国立競技場を現代のオリンピックに対応できるよう改修する必要があります。その財源確保は大きな課題でした。

この度の法改正により、totoの対象をワールドカップやプレミアリーグに広げ収益を増やし、それを改修費用にあてることができるようになり、競技場改修の財源にメドをつけることができました。

招致の実現のため課題は他にもありますが、この度の法改正により大きく前進したことになります。これからも、五輪招致、スポーツ立国ニッポンの実現のため、牽引役として取り組んでまいります。

 

パーマリンクをブックマーク