教育再生実行本部長として教育改革に全力!

1月17日、自民党教育再生実行本部を設置し、第一回会合を開きました。

昨年末、安倍晋三総理大臣が誕生し、経済再生と共に教育再生によって国を取り戻す、との方針のもと自民党内に「教育再生実行本部」を再度設置、私はその本部長として「6・3・3・4制の見直しなどの学制大改革」、「大学入学試験の見直し」、「教師の指導力向上を図るための、新人材確保法」、「グローバルな人材を育成する為の学力向上」をテーマにして審議をし、6月迄の今国会中に取りまとめを行うことに致しました。

同時に、緊急の課題として「いじめ対策防止法」を与野党の協議のもと、早期に議員立法を成立させたいと思っています。

1月25日には、政府の「教育再生実行会議」が開催され、そのメンバーとして10数名の民間委員と共に「いじめ対策」、「教育委員会制度の見直し」、「大学教育の強化」等についてご議論が始まりました。

私も、自民党を代表しこの会議の一員として出席し、第一回目会合では、自民党でのいじめ対策への取り組みや、「結果の平等を求め過ぎたためにかえって一人ひとりの個人に対する教育が出来ていないのではないか」との考えを述べました。

両方の会議が相まって議論をし、教育立国ニッポンに作り変えて行きます。

 

平成25年2月4日

バックナンバーはこちらです。