山形、ニッポンに「希望のレガシー」を。

 こんにちは、えんどう利明です。
 早いもので、大臣就任から9カ月余が過ぎました。朝から夜遅くまで、分刻みのスケジュールに追われる毎日ですが、2020年の東京五輪・パラリンピックの成功に向けて、霞が関の各省庁を束ねる司令塔として、全力で頑張っています。

 就任当初、大きな議論を呼んでいた新国立競技場の建設については、昨年12月、政府と東京都、組織委員会、関係各位による厳正な審査によって新デザインが決定し、高機能且つ低コスト、人々にやさしく、首都東京のセントラルパークにふさわしいものとすることができました。

 2020年大会には、世界中から多くの人々をお迎えします。安心・安全に滞在していただくための環境整備が大きな課題です。たとえば、鉄道の利便性の向上、万一の災害に備えての防災対策、また会期が真夏であることから暑さ対策も不可欠であり、連日各省庁や企業、日本を代表するそれぞれの分野のエキスパートと議論をかさねています。

 深刻化するテロや国際犯罪、また、新たな脅威であるサイバー攻撃に対しても十分警戒し、絶対に防御しなくてはなりません。総務省や警察庁など関係省庁との綿密な連携のもと、オールジャパンで対策を練るのが私の役割であり、全力で頑張ります。

 そして、2020年大会の一番大きなテーマは「地方創生」「復興五輪」です。
 今回の東京五輪・パラリンピックは日本全国のもの。絶対に東京だけのものでは終わらせません。ホストタウンの促進、聖火リレーの全国実施、東京以外での競技、事前キャンプの誘致など、日本各地の起爆剤となるような施策を実現します。

 うれしいことに、最近、各市町村による観光や特産物の、企業による商品・技術などのアピールが活発化してきました。なにしろ世界最大のイベントです。ぜひこのチャンスを生かしてほしいものですし、私たちもサポートを惜しみません。

 本番まであと約4年。日本全体で大いに盛り上げ、ぜひとも成功させ、そしてその先の日本へ「希望のレガシー」を築き上げるために。私、えんどう利明は、地元山形のために、日本のために、これからも全力で仕事に取り組んで参ります。
今後とも変わらぬ御指導、御鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

平成28年3月31日

 バックナンバーはこちらです。

えんどう利明後援会事務所

〒990-0821 山形市北町2-6-6
TEL.023-665-5707 FAX.023-665-5437

※当サイトに掲載されているデータの無断転載を禁止します。
※当サイトでは掲載情報に厳重なチェックを心がけておりますが、万が一記載ミスが生じた場合、予めご容赦下さい。

Copyright ©2017 ENDO TOSHIAKI All Rights Reserved.